プラウダ

モスクワの報道は三つのカテゴリーにわかれている。すなわち「真実」「たぶん真実」及び「真実性のないもの」の三つである。 第一のカテゴリーには時報、第二のカテゴリーには天気予報、そして第三のカテゴリーには他の全てが含まれている。

ゴミみたいな休日とロングスリーパー

土曜日は本当にゴミみたいな休日を送ってしまった。14時位に起きてだらだらネットをしつつ、コンビニに行ってストロングゼロ2Lと食べ物を買ってそれを摂取。ストロングゼロ1L空けたあたりで眠くなって2時間ほど寝、起きてから残りのストロングゼロ1Lを空け無理やり床につく。本当にゴミみたいな休日である。

最近平日8時間も寝ちゃってるせいで生活ギリギリなんですよね。睡眠8時間、通勤2時間、労働休憩込みで9時間食事と雑事3時間、酒3時間って感じで1日が終わってしまいます。酒止めれば3時間浮くけど……焼け石に水という感じ。合わせて通勤2時間を減らせれば文化的な生活ができそうというところでやはり引っ越すしかないという感じです。

平日8時間寝ておきながら休日15時間とか寝たりするので過眠症のケはあるんだろうなーと思いつつなんとかしたい。酒のせいで睡眠浅い説は大いにあります。

技術方面でやりたいことまとめ。Elmがいい感じなのではないかということでElmやりたいです。サーバにHaskell使って何かしらウェブアプリケーション使いたいですね。クライアントはElmで行くとしてサーバはHaskell+servantかspockかってところ。勤務時間の半分こっそり使ってプログラミングしたいです。

日記的なやつ

気がついたら1ヶ月空いてしまった……。はてなブログPro(有料)なのでもったいないとかいうみみっちい動機で書いてくぞ!

仕事の方はそれなりに順調。ただプロダクトのコード書いことがないので色々と自分の知識でおっつかないところがある。あとSQLは早く死んでほしい。DBのデータ確認する度に文法検索する身にもなってほしい。せっかくORM使っていい感じにDBをcreateするぜと思ってたら「どうせコードの定義と実際のDBの定義変わってくるからSQLファイルでDBをcreateしてね♥」みたいな注文が飛んできて如何ともしがたい。リレーショナルデータベースは人の心を破壊する。

最近土日のどっちかで私服女装してます。人間どうせ死ぬならやりたいことやるべきだし、着たい物を着るべきなんですよ、という動機のもとに。女性物の服は男性物よりバリエーションあるので見てるだけで楽しい。自分に似合うかとか流行であるとかサイズあるかとかその辺のフィルタにかけると男性物と変わらないくらい感じにはなっちゃうんですけどね……。

あとそれと合わせてマニキュア塗ったりしてます。試しに買ったピンク色のマニキュアが思ったよりいちごみるく色でちょっとやりすぎた感。でもなんか自分で塗ったのもあって愛着湧くんですよね。あと仕事中に自分のネイル見て自分が女の子であること(?)を思い出すことが(?)できて(?)いい(?)んですよね。爪伸びてきたら今度はヤスリ使って形きれいにしていきたいです。

そうそう、歳増えました。二十歳になりました。二十歳ですよ二十歳。ただし0x20歳ですが。

近況的なやつ

働きだして1ヶ月経ちましたが、フルタイムになったとは言え非常に楽です。プログラムしてるだけでお金もらえるのちょろすぎる。今のところPythonのウェブフレームワークとVue.jsとたわむれRDしつつ、6000行のドキュメントもコメントもないソースを前に途方に暮れたりしています。前者は非常に楽しいけど後者がしんどい。とは言え主たる業務は前者になりそうなのでよかった。

Githubに少しソースを上げつつあります。
github.com
Haskell使ってSMTPサーバ作ろっかなーという感じでぼちぼちやってます。SMTP、Simpleとかいいつつ全くSimpleでないしリプライがステートフルなのなんとかしてほしい。HTTPをみならえ。あとはVueとかPythonとかの成果を残せたらなーという感じでやっていこうと思います。

絵の方はちょっとサボり気味だったので会社の休み時間に落書きをしてます。一回やり始めればまわりも自分が絵描いてるの当たり前のようになって気にしなくなるので、その壁崩せたのは大きいですね。休み時間にネームとか捗りそうです。多分。

bottleとvueでウェブアプリの骨組み

ちょいと現職で必要があり、趣味半分でPythonフレームワークであるbottleとJavaScriptフレームワークであるvue使ってウェブアプリの骨組みみたいなの作ってみました。サンプルはこちらhttp://lab.klaraworks.net:8000/。ソースはGithub
https://github.com/kirisaki/bottle_vue
)に置いてあります*1

どんな感じでやってるかって言うとapp.pyがRESTっぽいAPI通してJSONを送り出してJavaScript部分で表示するって感じです。vue-routerも使いSPAにしてあります。あとは他に必要なAPI作ったり、DB接続させたりすれば結構簡単にウェブアプリ作れそうで楽しそうです。vuexも気になるので触りたいですね。

*1:これがやりかった

映画『ダンケルク』感想(ネタバレあり)

映画「ダンケルク」を遅まきながら見に行ってきました。その感想とか書いていきたいと思います。ネタバレあります。って言うか史実だし「撤退成功する」って言う時点でネタバレも何もない気はしますが。

続きを読む

働きだして1週間の所感

プログラマとしてフルタイムで働きだしてちょうど1週間経ちました。感想はと言うと……すごく楽です。労働時間が倍になり通勤時間が片道1時間以上あっても、です。本当に気づくの遅いんですが、人付き合いとても苦手なのでものと向き合ってるのがいいなってのと、コンピュータいじってるだけで幸せってのがあるので向いてるんだと思います。もっとも実際の業務に当たっておらず、製品のコードを読んでお勉強中なので辛さがないだけなのかもしれませんが。

とは言え辛いところはあるといえばあります。とにかくシステムがレガシーなのがまず挙げられます。phpは5.1.0、Python2.7、フロントエンドフレームワークprototype.js、バージョン管理はsvnってな感じです。バックエンドはCで書かれたLinuxデーモンなんですけど、多分カリカリにチューンされてるわけではなくて、当時それしか選択肢がなかったって理由なんじゃないかと踏んでます。まあレガシーってのはそこまで辛くはないかもしれないとは言うのはあります。それより辛いのはphpで引数6つの関数とか1ファイル3000行とかまとめられそうなボイラープレートが10回位書かれているとかその辺ですね。ソース読むだけでしんどい。

ただこのへんはリファクタリング・モダン化の仕方があるなと前向きに捉えてます。チーム内でもそういうことしたいよねっていう話はあるみたいなので。色々と自分の色に染めていきたい感じはあります。

あと実は新プロジェクトにアサインされたので古のソースコードもう触る必要ないかもしれません。実務経験ほとんどないのに大丈夫かよ……。そのへんはほんとうに心配。ただレガシーなプロジェクトと全くつながりがないプロジェクトのようなので自分の色に染めたいよなということで頑張っていきたいです。おちんぎんを上げて都内に住むためにも!

先生を辞めまして

これも退職エントリに入るのだろうか。というわけで「先生」をやめたお話です。

某有名中学入試の塾に勤めてたんですが、9月いっぱいで辞めました。大きな理由は2つ。「これ以上年収が上がる見込みがない」「業務内容がつまらない」です。

前者の内容は明確ですね。普段の授業を週6で入ると年休が90日しかない(代わりに1日あたりの労働時間が5時間前後)上にその他のテスト業務に出なければ人事考課上がらんよーって話をされた上でぼくの人事考課がしょっぱい感じだったのが主な原因です。って言うか有給休暇消化のために休暇申請出しただけでも人事考課下がってるんじゃないかって個人的に思ってます。それ違法ですよ、違法。

後者の「業務内容がつまらない」って言う内容は色々と細分化して思うところがあります。一番大きいのが「成績が上る見込みのない下のコースの子を教えて何になるのか」って理由です。成績が上がらないのは家庭環境もそうだし、もっというと遺伝子的な部分も大きいんじゃないか、自分にできることはないと思うのにこのまま自分の労働力を浪費させ続けさせるつもりか、っていうのが大きいです。

二番目は「この業務内容をこのあと死ぬまで続けるのか」ってところですね。入試問題によって毎年教える内容が変わるとは言え毎年教える内容は代わり映えしない。覚えてしまえばそれで終わりっていうのは楽ではあるんですが、結構苦痛だと思います。

あとはまあ、挙げられる理由として「生徒との人間関係を良好に保ちつづけるのが難しい」「仕事終わるのが夜で厳しい」「入試情報みたいなものに興味持てない」「手を出せないとわかっている子供の相手をするのがムカつく*1」とか色々ありますが、とにかく面白くなくてしんどかったという話です。

転職先の仕事ですが、辛いところもあります。割りとレガシーなシステム*2(バックエンドも同等)ようなシステムを相手にバグフィックスや機能追加を行うのでその辺がつらいです。バージョン管理はsvnだし。でも新しい風は吹き込めそうだし、何よりプログラミングしているというのは代えがたい楽しみであるなあと思うので、しばらくは現職で頑張っていきたいなあと思う次第です。

*1:体罰は絶対に行けないと思っています。でも大人数(20人弱)で授業してると体罰に頼ってしまいたくなる時があります。ですから間違っているのは大人数で授業することだと思います

*2:フロントエンドにprototype.js使ってる